記事一覧

ゴスペルは十字架ではありません、イエス様が話されていたことは 楽園〈地上天国)です。

サンクチュアリーサンデーサービス映画です。日本で放映されるのでしょうか?GOD is not daid 2神は死んだのか? 映画の番宣  日本語訳https://www.youtube.com/watch?v=HKahLFx5M90天国は本当にある天国は本当にある臨死体験臨死体験森 一郎 090-5160-3971micavi21@yahoo.co.jpよろしければポチットお願いします。   にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

続きを読む

家庭連合(旧統一協会)は、どのような人物を敵にまわしたのか?

あいついは、恐ろしい奴だよ! といわれたように 亨進様は徹底しています。イエスさまもヨワヨワしい 男ではなく 2000年前 徹底して闘われた 強い信念と 頑丈な体を持った 天の戦士でした。自分の夢もあきらめ 目の前の幸せには目もくれず ひたすら 天のお父様を慰め 十字架につかれる ぎりぎりまで 天の国を作るため 御言葉を伝え続けられました。いま、3代王権の時代になり アボジの語られた御言葉から 亨...

続きを読む

聖書 第1アダム 第2アダム 第3アダム家庭

旧約聖書を通して 第1アダム とは 最初に創世記において 神様 アダム エバ 蛇が存在します。 蛇が エバをそそのかし エバが 神様が食べてはいけないといわれた 善悪知る木の実を食べ アダムにもたべさせました。  地上の楽園は 夢と消え 園からおいだされ  そこから カインと アベルが存在します。  では 第2アダムでは どのようなことが起こったのでしょうか? 第2アダムとしてこられたのは イエス...

続きを読む

エゼキエル 16:1-63  イエス様の地上に来られた目的

エゼキエル 16章先週の礼拝部分後半   サンクチュアリーfacebook ブログよりパクリました。 文亨進ブログより福音とは神の国の到来を告げるもの!  3/13説教【英語説教日本語訳】その4Kingdom of God Mar. 13 2016 Rev. Hyung Jin Moon Sanctuary Church Newfoundland2 PA on Vimeo(神の国の)市民は権利を所有します。宗教団体の信徒には権利などありません。その権利には王であっても侵すことができませ...

続きを読む

聖書には 聖典 外典 偽典があることを ご存知ですか?

聖書には 編纂されたときに 入れられなかった内容があります。 幼少期の内容も 数少なくですが 存在します。 私が アメリカ からイギリスの時代 に フンジン様 の語られた内容なのか? 36家庭の安先生(21修)の内容だったかは 忘れましたが はっきりと聞いた内容で アダム エバの堕落以降 ずーーっとアダムと一緒に エバがいたわけではなく エバは アダムを置いて サタンの元にいったり アダムのもとに来た...

続きを読む

映画 スポットライト  バチカンの罪 性的虐待  アメリカだけで賠償金40億ドル

スポットライト映画の説明説明淫行の女バビロンである 韓オモニムは 他人の夫を何度も奪った 文仁進を 今年の旧暦の0時の祈祷会で彼女に指揮を とらせようとしました。 しかし 家庭連合内から 反撃ののろしは上がり 彼女が前面に出ることを通じて 教会内から裁判が起こり 家庭連合が火の車になると みんなで脅しました。 そのことにより 韓オモニムは 仁進を立て切れませんでした。 少しずつですが 家庭連合側は...

続きを読む

2016年2月28日 「絶対的な神様」  家庭連合 維持費 年360億円必要とします。

クリスチャンの皆さんも よーーく 見ておいてください 7年間の試練の時代が始まり どこにいても危険は訪れます。 しかし 皆さんがサタンのように忌み嫌っていた 文鮮明先生の妻が息子達を追い出し 旧統一教会をのっとり 完全完成級の淫行の女バビロンになられました。 すでに始まっている 大艱難は あと約6年続きます。 クリスチャンや 普通の方たちを巻き込んでしまうことをお赦しください。 中国動乱 朝鮮動乱...

続きを読む

サンクチュアリアンとしての心構え

文亨進 英語説教 暗闇に打ち勝つ光 Light Overcomes Darkness Sunday, Jan 24, 2016        40分38秒から  特に 1月24日Tim・エルダー世界宣教本部長の組織に対するコメント。 みなさんは真のお父様や第二王につながる方法を自由に選べるのです。たくさんの方法があります。 組織を通してもできます。組織も一つだけでなく、日本にはいま少なくとも4つあります。 ...

続きを読む

カテゴリ

プロフィール

ニコラス morison

Author:ニコラス morison
FC2ブログへようこそ!