記事一覧

人類の犯罪者ルーシェル    李 相軒先生

の霊界 からのメッセージ

第1章 ルーシェルの生涯と彼が引き起こした様々な事件
 
1 ルーシェルの正体
 ルーシェルは、神様が被造物を創造される時、エデンの園の中のあらゆることを面倒見るべき、使いの立場として創造されました。
 神様はルーシェルを愛されました。
 そして彼にエデンの園の中にあるすべての被造物の世話をし、よく育て、楽しむように導かれ、教えられました。
  ルーシェルも神さまの命令に従って あちこち歩き回り、楽しみ、神様の前に従順に従いました。
 
 その後、神様はアダムとエバを創造され、彼らを神様の子女の各位に立てられ,
ルーシェルに 惜しみなく世話をし、育て、愛しなさい、と指示されました。

初め ルーシェルは、とても喜びました。
 神様の子女の世話をしているという自負心を持ち、神様の愛にとても感動し、神様の子女をよく保護し、
 とても大切にしながら育てました。
しかしルーシェルが心配する必要もなく、アダムとエバはすくすくと成長していきました。
 ところが歳月が流れるに従って ルーシェルは神様の愛に次第に反旗を翻し始めました。
 
いくら考えてみても、私が先にエデンの園を苦労して作りあげてきたのに、神様はなぜ私よりもアダムとエバをもっと大切にし、 愛されるのか という疑問と共に、ルーシェルには神様に対する寂しさが芽生え始めました。
 そして ルーシェルは時々、神様の愛に対して抗議したりもしました。
 ルーシェルは、神様にどうして私には下さらないみ言葉をアダムとエバにだけ下さり、
 どうして私よりもアダムとエバを格別な立場で愛されるのでしょうか、私は寂しいです。
 正しい道を行かれる神様がそのようにされてもいいのでしょうか 
 

 と言いながら反発し始めたのです。
 そのようなことが何度か起こりました。
 そのたびごとに、ルーシェルは自分が守るべき 位置を失っても、アダムとエバと同等の位置で生活したくなったのです。

ルーシェルは特に、エバに接近するたびに 異性的な情感を感じるようになりました。
 ルーシェルは神様の視線をひそかに避けながら、エバにさらに強く接近し始めました。
 この時、天真爛漫な アダムとエバは、ルーシェルのすべての行動に、まるで父母に対するようによく従いました。
 ルーシェルは、あたかも自分が彼らの親であるかのように行動しながら、神様の視線を避けつつ、 
 自分が彼らの主人のごとく振舞いました。
 そしてアダムとエバを手のうちに入れて、アダム・エバと神様の関係を次第に疎遠にさせていきました。
 ルーシェルは神様の視線から次第に離れて、主人のように、王のように、父母のように振舞いながら、
 エバを誘惑し始めました。
 アダムはその事実を知らないまま、自分が行きたいところを思いのまま歩き回りながら、楽しんでいました。
 アダムは、すくすく成熟していきましたが、ルーシェルとエバの関係を全く悟れませんでした。
 アダムには神様の教えもありませんでした。
 エバはルーシェルと身近に過ごしていたので、アダムは一人で、生活するのが習慣となったまま成長していったのです。
  
 やがてルーシェルがエバに罪の根を芽生えさせようとする時、神様がルーシェルに自分の居るところで位置を守らなければならないと警告されました。

この世の君とは誰なのか、共産主義や ヒラリーの背後にいるグローバリストの正体は金融市場 武器商人と言われますが
 現実には サタンです。
 私たち人類は すでに最終決戦に突入しています。
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

ニコラス morison

Author:ニコラス morison
FC2ブログへようこそ!