FC2ブログ

記事一覧

2018年8月22日 韓国語説教 文亨進二代王 真のお父様の啓示、五つの王冠

隠れサンより
【超重要改革指針】真のお父様の啓示、五つの王冠■8月22日 韓説教 文亨進二代王
【超重要改革指針】
2018年8月22日 韓国語説教 文亨進二代王

<第二部>

真のお父様の啓示により伝道方針と教会のあり方を大改革されました。今後の宣教と教会文化において極めて重要な指針となる御言です。何回でも読んでください。聖殿食口で知らない人がいないように皆様に伝えて下さい。
聖殿信徒でない方、キリストを受け入れて頂ければ誰でも兄弟姉妹です、門を叩いて下さい。

真のお父様の啓示、五つの王冠
翻訳: JOHN cham grazia minion  crean minion2 監修:Minion ファンクラブ
1:10:28ここまでgraziaここからminion

天使長たちが、儒教と仏教で出てくる天使長たちが起きることによって、文化が次第に聖書の嫌いな文化、聖書を知らない文化、聖書を知らなくても大丈夫な文化、キリスト教徒を無視する文化!本当は私たちは兄弟姉妹たち、…なぜ?キリスト教徒がたくさん入ったらどうなりますか?キリスト教徒がキリスト教の文化が強くなると、・・・キリスト教の倫理が強いでしょ。それは完璧だという意味ではないが、キリスト教の倫理の価値が強いではないですか。そうではないですか?

だからその文化が強くなればなるほど、この天使長の不正腐敗の内容がだんだん明瞭になります。なぜ?キリスト教文化が強いから。人々がその内容を我慢しないから。そうでしょ?
だから儒教の文化、仏教の文化、悪の内容は静かにしろ。このような文化が入ってきたではないですか。中央組織文化。そうじゃないですか?

キリスト教文化が強くなれば、邪悪な内容と戦わなければなりません。え?反対しなければなりません。そしてキリスト教の倫理文化が強くなれば、どうなりますか。不正腐敗ができません。お金を盗んで行けません。なぜなら文化的にそれはとても悪いと人々が知っているから。そうですね。そうじゃないですか?
1:12:43

キリスト教文化はなにか?個人が神様の前に責任を負わなければならない。組織の中で隠すことができません。個人が皆、1人1人ずつが皆、神様の前に責任を負わなければなりません。.審判の日に、私がどんなことをしたのか、どんな内容をしたのか全て出てくる。そして私が罰を受ける。組織が罰を受けるのではない。「私は、ある組織にいたから、ただ言う通りにしたから・・・」(そんなことは)関係ない!

しかし、考えてみてください。仏教は、中央組織は僧侶たちです。僧侶たちが悪いことしても静かにするじゃないですか。カトリックを見なさい。カトリック教の神父が児童性的暴行しているのに、修道女たちを性的暴行しているのに、静かではないですか。そうではないですか?
儒教文化でも、孔子は政府関係者だったから、政府を守る人です。何を言ってるのか分かりますか?組織の中で悪を保護する文化です。覆う文化。何言ってるのか分かりますか。

個人の責任、すべての人々の責任、神様の前で責任を負わなければならない。このような文化が飛んでしまいました。組織の前に責任、組織の前に責任、では、組織が悪くなっても静かに静かに・・・こういう言うふうになってしまう。それでは、キリスト教の文化がますます反対になります。キリスト教の文化が、徐々に入らないようにします。なぜ?入ってきたら、その内容がばれるから。暗に光を当てなければならないから。人を生かしたいから、彼らに正直に言わなければならないから。あなたは、審判の日に、神様の前ですべての行動のすべての内容について責任を負わなければならないのに、自信がるのか。救いを受けるのか、受けることができないのか?もしあなたが今日死んだら、君は自信が持てるのか、天国に行くのか地獄に行くのか?私はあなたを愛してるから、あなたに率直な話をしている、気分が悪くても。イエスを信じなさい。こんな感じだよね?
1:15:50

個人的な責任、個人の責任!
「ああ・・・私は郭ジョンファン、でなければ黄ソンジョン、でなければ金ヒョユルがさせたから、そのまましました。」それは答えにはなりません。そうですね。そうじゃないですか?韓氏オモニがやらせても私たちはついていかなかった。

なぜ?私たちは、審判の日に、お父様の前に、全ての責任を負わなければなりません。中央組織宗教、これは宗教と・・・、キリスト教は宗教ではなく、クリスチャンと宗教の差です。これ!実はクリスチャンは宗教ではありません。関係です、関係!宗教ではなく、関係です、関係!神様に対する関係!だから「christ follower」と言います。主のキリストの弟子たち、或いは、キリストに従う人、私は教会に属さず私はキリストに従う人だ。そう?そうじゃない?

その文化がどれほど重要か。救いの歴史!人々を愛する心情。人の永生を考える心情!人々の魂を考える心情!それ故に、キリストに従う人が人々を狂ったようにイエスに導きたいのです。それを理解できない。家庭連合にいるやつらが、理解できない!それが愛であることを理解できない。人が今、地獄に行っているのに。主を証ししなければ、主を受け入れなければ(地獄行く)。そして、主を信じたら、霊的救援を受けるのに、人が信じさえすれば。イエス様を口で告白しさえすれば、救援を受けるのに。そして、本当に無料の莫大な贈り物をくださったのに、私たちがそれを完全に無視しました。

人が統一教に入って来たら、初めて入って来て、様々な内容をしなければならなくて、様々な行事、様々な教育、7日修練、21日修練、40日修練、7年奉仕、7年の性別期間、7年奉仕、7年MFT、万物復帰20年、その次に祝福されなければならないし、祝福を受けたら40日聖別、3日行事、原理も教育もしなければならない、とにかく膨大な階段がすごく多いです。そう?そうじゃない?階段がすごく多い。人がここに来たくても、属したくても、このような階段、三、四、五、八、九、十、十一、十二、十四・・・。そして、その内容を全部しなければ歓迎しない。食口は。心を閉じる。歓迎しない。一人で食べるように放っておく。(仲間に)入れない。常に無視する。常に疑いの目で見る。疑い深い目で。


キリスト教は、人が初めて教会に来たのに、牧師様の前で按手を受けたら、そして、イエスを証ししたら、救いを受けました。すべての教会とすべての天使たちまでお祝いする日です。最初の日に。

「ちょっと待ってください。救われる前に、様々な7日修練して登録されて、40日修練、21日修練、40日、7年の奉仕活動、次に夫人も探さないといけなくて、祝福されないといけなくて、40日聖別、3日行事もしなければならず・・・。
とにかく、この階段がものすごく多いです。長いです。ある人は10年20年かかります。キリスト教で救援を、祝祭として見るから、大きな驚くべきことだと見るから、最初の日に新しい信徒達が聖壇の前に出て、牧師様の按手を受けて、告白したら、そして聖書の句節を受け入れたら、主を受け入れて、口で受け入れれば救われます。その日が、彼らのための莫大な祝福の祝祭です。祝祭!

『なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あ なたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。』 ローマ人への手紙 10章9節

『しかし、これらのことが書かれたのは、イエスが神の 子キリストであることを、あなたがたが信じるため、ま た、あなたがたが信じて、イエスの御名によっていのちを得るためである。』 ヨハネの福音書 20章31節

そして、すべての信徒たちが、その人が完璧でないことを知っていても、お祝いします。「本当おめでとうございます。あなたの人生が完全に変わります。神様が今は聖霊のプレゼントをくださったので、あなたは同じ生活パターンを生きることができないでしょう。神様があなたの中に変化を作ってくれるのでしょう。」このようにお祝いできます。おめでとう!そうですか?そうではないですか?

私たちは、最初の日も冗談ではない。最初の日にただ座って、人々に挨拶もしない。挨拶しても兄弟姉妹ではない。まだ伝道する人だ。その次に、原理を聞かなければならないから、原理を聞くようにビデオセンター、二日、三日、週末、数カ月間、教育もして、その後にその中から出たら、ああ、何ということだ、すべて浪費した!これは何?私たちの能力で人を伝道しようとしている!そうですね。そうじゃないですか?

神様の驚くべき聖霊の役事の伝道師の驚くべき役事を見ないで、私が全部やろうとしている。だから私たちが疲れて、人が出てくるのを見て「あー、希望がない。本当に私たちは成長できない。」このようにずっと行くのです。そう?そうじゃないですか?

このように感じた人、伝道師(手を上げてみなさい)。伝道する人々はみんな知っています。これは、大~~~~~~~きな、大きな、大きな、大きな、大きな、大きな、悩みでした。韓国の人はそのようにオーバーにするのが好きでしょ?ただ大きいと言ったら駄目でしょ?何と言いますか?"強調、誇張するのです。

とにかく、これは本当に大きな悩みでした。「ああ、お父様、どうかこの内容を解決してください。」このような祈祷を2年3年していました。どうすれば、食口がこんなに努力して自分の知り合いのキリスト教徒たちを頑張ってここまで連れてきたのに、あまりにも多くの階段があるから、あまりにも多くの限界があるから、この人々が乗り越えることができないのです。神様が送って下さった多くの人々が生き残ることができないのです。そう?そうじゃないですか?

段階、また、段階、また、段階、また、段階、また、段階、また、段階、また、段階…また、段階、「ああ!やっとここまで来た。私ほとんど食口になった!段階、また、段階、また、段階…私が何を言いたいのか感じた人(手を上げてみなさい)。これは、大変なことです、本当に大変です。これ。本当に大変です。

だから、この問題は何?私たちが伝道しなければならないと考えたことです。神様の驚くべき聖霊の役事の伝道を見ることができない人々です。なぜ?

私たちはずっと、私たちは、
「この人が、これをしなければならない、これをしなければならない、これをしなければならない、これをしなければならない、これをしなければならない、これをしなければならない、これをしなければならない、これをしなければならない、これをしなければならない、これをしなければならない、これをしなければならない、これをしなければならない、これをしなければならない、これをしなければならない、これを・・・」、
「さあ、20%だけしました。これをしなければならない、これをしなければならない、これを・・・、」このようにずっと導きました。

その次に、何年か後に、人が生き残ったら、「今や私は、今や祝福家庭だ。あ、そうでもない。祝福を受けなければ、祝福家庭の認定はできません。だから、この人が、20-30年の間教会に通っても祝福されなければ兄弟姉妹になることができないのです。」事実、そういう感じが常にあります。
これは大きな悩みでした。

今回、ピッツバーグに行って、15時間神様を賛美して祈祷する時間があり、神様が言って下さいました。聖書に出てきます。聖書に全て出ています。聖書に5種類の王冠があります。5種類の王冠!信じた者が受ける5種類の王冠。

最初のをみよう!テックチーム!


最初の王冠は何ですか?。韓国語で!「義の王冠、義の王冠」
聖書の句説を見よう。次のスライド!テモテへの第二の手紙4章8節。聖書のある人は読んでみよう。

テモテへの第二の手紙4章
8 今や、義の冠がわたしを待っているばかりである。かの日には、公平な審判者である主が、それを授けて下さるであろう。わたしばかりではなく、主の出現を心から待ち望んでいたすべての人にも授けて下さるであろう。

義の冠が待っている!主の出現を心から待ち望んでいたすべての人!
とんもない、これは何ですか。テモテへの第二の手紙は、イエス様の前?後ですか?イエス様の前?でなければ、イエス様の後?若い人たち!若いやつら!テモテへの第二の手紙は、イエス様の前、イエス様の後?早く!前?後?後だろ!後!馬鹿野郎!本当に!後だ、後!テモテは後!

だから、イエス様はいません。いない!この人たちは既にイエス様と会いました。でしょ?既にイエス様は十字架に架かって死にました。既に。そして、テモテへの第二の手紙が出ます。4章8節はどのように?どのように出てきますか?義の王冠が出ます。義の冠義の冕旒冠がでる!その義の冕旒冠について、最後の部分を読んでみよう。

主の出現を心から待ち望んでいたすべての人にも授けて下さるであろう。

ストップ。「主の出現を」これは再臨主です。なぜ?イエス様は既に亡くなっています。そう?そうじゃない?イエス様は既に亡くなりました。だから再臨イエス様が現れて、主の出現を待ち望む者。すべての者に授けてくださるであろう。そう出てきます。

それはどういう意味ですか。テモテへの第二の手紙は既に、クリスチャンのコミュニティが出来るのです。イエス様は既に死にました。死にました。クリスチャンたちは、すでに集まっています。ですね?義の冕旒冠を受ける人々は誰なのか?再臨のキリストを待ち望み、願う人々!再臨のイエスを知っている人ではありません。再臨のイエスを持ち望む人、再臨のイエスを望む人、望む人!

聖書に何と出ますか?義の冕旒冠を受けたければ、再臨主を待ち望まなければならない、思慕!望まなければならない。希望しなければならない。分かりますか?韓国語で理解できますか?OK、答えがないから。
再臨主を望んでこそ、義の冠を約束してくださいます。

元来、統一教会で、誰々が、何々、このプログラム、2日、3日、4日、7日、原理訓練、それは全て、後です。
最初の段階は何ですか。義の冕旒冠!義の冠だよ。最初の段階は。最初は何ですか。イエス様を信じなければなりません。イエス・キリストを信じ、またイエス・キリスト再臨を望まなければなりません。
受け入れること、キリストを受け入れなければならず、イエス・キリストの再臨を望まなければなりません。これです。それだけです。それだけです。それさえすれば、義の冕旒冠が約束されています。聖書に!驚いたでしょ?

お父様がこれをくれました。この五段階の王冠、五段階は、祝福式の前の五段階の王冠!聖書に全て出ています。聖書の句説にあります。完全に聖書を中心とした内容です。キリスト教徒、或いは、イエス様を信じない人が、初めて私達の聖殿に来た時も、私たちは何もできなかった。過去は。
これからは、初めて来た人々も、イエス・キリストを反省(告白)したら、救いの祝祭をすることができます。

そして、その救いの祝祭をすることで、同時に再臨主を希望さえすれば、再臨主を知っていても知らなくても関係なく、望みさえすれば、再臨のキリストを希望しさえすれば、義の冕旒冠の兄弟姉妹になります。
最初の日からイエス・キリストに答え、口では反省(告白)、応答、告白、そして、口では、私はイエス様の現れることを、(だから)再臨のイエス様ですね。再臨のキリストを待ち望みます。それだけを反省(告白)したのなら、その人の人生が永遠にかわります。その一言で。

どうして?あなた達が伝道しているのではない。神様の聖霊の役事で伝道するのだ。その反省と告白によって、何かが中から変わっていきます。変化します。自分もわからないうちに聖霊の役事としてその人が変わります。自分も分からないうちに、望みが反省ばかり出ていたのに、その望みが次第に神様の恩恵により大きくなります。
そして、神様を再臨イエスを思慕してこそ、望んでこそ、原理を読みたいよね。再臨のキリストを望まなければ、再臨イエスは必要ない。私にはイエス・キリストだけがいる。再臨のイエスどうせ来るだろうからその時に会おう。このような態度、このような気持ちがあれば、原理はいつ読むのですか?読まないだろう。そう?そうじゃないですか?原理を望む人たちが、再臨のキリストを望んでいます。主の出現を思慕する者。義の冠の段階!義の冠。

だから、人が最初に来た時も、私たちはその人をお祝いすることができ、もしその人が出て口で告白して、主を受け入れて再臨のキリスト、一番最初にイエス・キリストを受け入れなければならない!実は韓国の若者たちもそれをしなければならない!おそらくしなかった。新しい人たち、イエス様を信じない人を信じるようにしなければなりません。私の主として、仕える人。告白する者。そして同じ告白に私もイエスの出現を心から待ち望む。

その内容を受け入れたら、その人は地獄に行きません。行かない。地獄に行かない。その出会いのために。自分の人生と自分の永世が完全に変わりました。しかし、私たちは聖霊の霊的目と聖霊の愛を見ることができる人にならなければなりません。そうしてこそ私たちがこの人を伝道するのではなく、私がこの人を兄弟姉妹として受け入れて愛したらいいでしょう。

もちろん、愚かな愛ではありません。愚かな愛ではないが、喜ぶことができる友達から始めなければなりません。そう?そうじゃない?あなたの人生が完全に、これから変わっていく。これからはあなた人生が変わる。このような役事を通じ、麻薬中毒の人も解放を受けるだろう、その瞬間に。病気のある人々がパン!イエスのパワーで治癒されます。そして全霊界と天使たちが、私たちと一緒にその人を歓迎することができます。驚くべき永生の変化が、まさにこの瞬間に起きたのだから、神様に高い賛美をお捧げしげます。ハレルヤ(ハレルヤ)

それは最初の段階。
最初の段階、初日からこの人々が勇気を持って上がっていきながら、2代王様の按手を受けてイエス・キリストに回答(告白)して、再臨主を思慕したい回答(告白)をして、今やその望みが起きる種が入っています。聖書に何と出ているかと言うと、
Take delight in the LORD, and (he will give you) the desires of your heart.(psalm37:4) 
『主によって喜びをなせ。主はあなたの心の願いをかなえられる。』詩編37:4

主によって喜びをなせ。喜べ。喜べ。主によって喜べ。あなたの望みのもの、心にある願いをくださるだろう。このような言葉が出ます。聖書に。

「エホバを喜んだ」と、そのように翻訳していますね。エホバを喜んだと。その次に、私の心に願いをかなえられる。ところでその願いが何でなければなりませんか?「エホバ、神様、私は大きな家がほしいです。ランボルギーニがほしいです。高いブカッティ、メルセデス・ベンツ」こうではない。人の願いは何だ。テモテへの第二の手紙にどう出ていますか。再臨主を望まなければならない。え!?イエスの現れることを思慕せよ。望みなさい!願いなさい。その願いがあってこそ、神様が聖霊の役事として、その願いをかなえてくださるだろう。

1:44:52ここまでminionここからcrean

アーメンはどういう意味ですか。 アーメンはどういう意味ですか。 真実、そうでなければ、合っています、という意味です。合っています。真実、でなければ合っています。
だからキリスト教の教会でアーメンする時にシック達も何と言う? アーメンもします。 だから牧師が話す時、アーメンする時にこれ合ってますか? そしてシック達がどのように、信徒らがどのように答えますか。 アーメンと答えるでしょう? 合っていますという意味です。 真実だという意味です。でしょ?アーメンはそのような意味です。ヘブライ語、ヘブライ語。その意味は何か分かっているから、あ、だからアーメンとするとき、皆さんも。アーメン何故言うか分かるでしょ?ただ間抜けにアーメンと言うのではなく、意味があります。意味が。合っていますという意味です。アーメン(アーメン)OK。ヘブライ語で合っていますという意味です。分かったか?

このような基本的な内容と文化を私たちは知りません。ところが、お父様は今回私に見せて下さいました。この王冠の道。道路で。人々をお父様に会えるようにするだけでなく、自分たちも未来に氏族の王と王妃になることができる道です。

最初の段階は何? イエス・キリストと応答しなければならず、告白。迎接(受け入れること)。
再臨のキリストを望まねばならず、それだけが一番易しいです。それだけすれば義の王冠の約束を受けます。
すべての聖殿のシックがそのような新しい方が来た時、その様な義の冠(冕旒冠)の段階を踏んだ時、君たち皆、祝うか祝わないか?(祝います) 義の冠(冕旒冠)を祝います。
わう! テモテへの第二の手紙4章8節!
私たちが勝手に作るんじゃない。何かのプログラムのように。聖書に出てくる。!分かったか? (はい)

お父様がこの内容を連結して下さったのです。連結。
あ、私たちが遠くに祝福式だけを考えていただろう。それは後でだ。後で。この道は長い!
そっちに。でも私たちはずっとそこだけ待つ。そこだけ待つ。そこだけ希望する。だからどうする? 人々はみんな離れていく。

初の出会い、神様の初の告白、初の応答、イエス・キリストの初の応答、地獄に行くその人が天国へ行ける救い。それを祝わない。それは実は驚くべき内容なのに!

私たちは人々の魂を救うことができる人になりうるのに。
もちろん、私たちがするのではないが、イエス様の導きによってその人達が救われます。
そして最初の日からその人が聖霊の役事に出会い、感じながら出て、イエス・キリストを告白しながら、応答して私も再臨のイエスが現れることを望みます。と告白するだけで、その人の人生が完全に変わりました。

皆さんは見えませんが、神様は全部見える。
その驚くべき変化と聖霊が入ってくることによって、神様がどのようにその人を変化させるのか、私たちがそれを見物して、応援して一緒に喜んで出来るのだ。
「私がした。私がした。私が伝道、私が教育した。」私が…このようなパリサイ人の文化はなく。神様がどのようにこの人を導いているか? 気にかけて愛する心で。人を応援する兄弟姉妹として祝ってあげる兄弟姉妹として、義の冠(冕旒冠)の段階を初日にも新しく来られた方が、義の冠(冕旒冠)の段階を踏むことができるよう。初日に!! お父様がこの様な驚くべき啓示を下さった。

その次に二番目の冠は何か? 生命の冠が出ます。
No Noそこじゃない。二番目の冠。生命に行って生命!Noそこじゃない。まったく!生命に行かなきゃ。ストップ。ストップ。

生命の冠。生命の冕旒冠が何か? さぁ! 聖書の聖句もう少し行こう。 もっと行って。 9節まで行こう。ストップ。ジェームズ。ヤコブの手紙 1章12節 聖書みよう。 開いてみてください。何と出ているか?さあ。

ヤコブの手紙 1章
12 試錬を耐え忍ぶ人は、さいわいである。それを忍びとおしたなら、神を愛する者たちに約束された生命の冠を受けるであろう。


試験を耐え忍ぶ者。 ストップ!試練を耐えてきた者。次!生命の冠を得るだろう。 ワウ! 何だって? 困難と試練。試練を越える…考えてみなさい。
最初の段階は何ですか。義の冠!義の冠は何ですか。イエス・キリストを告白して再臨のキリストを望まなければならない。それは冠の段階で一番簡単です。

第二段階は何だ? 生命の冠それはもう少し難しい。でも考えてみてください。 再臨主を望むようになれば、サタンが攻撃し始める。 そうですね。そうじゃないですか? サタンが攻撃し始め…「あ、お前どうしてサンクチュアリに行った?どうしてお前はクリスチャンなのに、なぜサンクチュアリあの異端教会統一教に行った?」サタンが直ぐに攻撃を開始する。しかし生命のの冠は何ですか。 試練に耐えることができる人。 試練!
イエス様を告白した後に再臨主、再臨のイエスを望んだ後に!どうなりますか。すぐサタンの攻撃が来ます。

うん?その試練を乗り越えなければならない。試練を乗り越える者は何ですか。 何を得ますか。 生命の冠を得ます。 生命の冠(冕旒冠)。試練が来た時に、この試練を越えられる力が何か? 原理です。 原理。 もっと深い理解、神学的な理解。

最初の段階。義の冠から神様を告白して、再臨主を願って、その勝利した後に虐待が来た時、反対が来た時、試練が来た時、それを超えられる力!その超えられる力は何だ? 神様の真理、知恵、御言葉!
その時、この段階で原理を学ぶようになります。 原理。 この段階で原理を学ぶようになる。原理を習った後に、この試練を超えることの出来るパワーが生じる。そのパワーとして生命の冠を得る約束を受けます。
聖書の御言葉は私が作ったんじゃない! いいか? 神様の御言葉にあります。
2代王が必要か?必要ないのか?(必要です)え?(必要です)生命の冠(冕旒冠)!この段階で原理が必要。


その次に三番目の冠は何か? 栄光の冠、栄光の冠。さあ! 栄光の冠に行こう。 ストップ!もっともっと。ストップ!ペテロ第一の手紙5章2節から4節。光栄の冠が出ている。 栄光の冠(冕旒冠)が何か? さぁ! 朗読しましょう。

ペテロの第一の手紙 5章
2‭ あなたがたにゆだねられている神の羊の群れ牧しなさい。しいられてするのではなく、神に従って自ら進 んでなし、恥ずべき利得のためではなく、本心から、それをしなさい。
3 また、ゆだねられた者たちの上に権力をふるうことをしないで、むしろ、群れの模範となるべきである。
4 そうすれば、大牧者が現れる時には、しぼむことのない栄光の冠を受けるであろう。

アーメンアジュー!栄光の冠を得る。なんで?どうやって? 今は羊の群れを飼う人にならないといけません。何の事か分かりますか?羊の群れ、生命の冠のレベルでこの人たちが試練を越える力を習います。それはどこから出るか?
一番根本。原理の御言葉、復帰路程。復帰路程、神様の摂理に対して、聖書の歴史について学んで、試練を乗り越えることのできるパワー!
しかしその次の段階は何か? 栄光の冠、栄光の冠は何ですか。 羊の群れを育てなければならない。それはどうやって? 神の御言葉で育てなければならない。それは何か? 原理を教えてあげる人にならねばいけない!聖書と原理を教えられる人! その段階は栄光の冠、約束が来ます。 ペテロ第一の手紙5章2節から4節。そうじゃない? 皆さん見えますね。 聖書の聖句!私が勝手に作ったんじゃない。 聖書にみな出てます。

次は何? Incorruptible Crown!このビデオで二番目だった。二番目。もっと前。もうちょっと後ろに行って。 もっと。もっと。ストップ!OKもう少し前に行って。さあストップ!これはimperishable Incorruptible Crownコリント人への手紙、コリント人への第一の手紙9章25節から27節。さあ朗読しましょう。 コリント人への第一の手紙9章25節から27節。

コリント人への第一の手紙 9章
25‭ しかし、すべて競技をする者は、何ごとにも節制をする。彼らは朽ちる冠を得るためにそうするが、わたしたちは朽ちない冠を得るためにそうするのである。
26 そこで、わたしは目標のはっきりしないような走り方をせず、空を打つような拳闘はしない。
27 すなわち、自分のからだを打ちたたいて服従させるのである。そうしないと、ほかの人に宣べ伝えておきながら、自分は失格者になるかも知れない。


ストップ!朽ちる勝利者の冠!ん?そう?
「私たちは朽ちない冠を得るためにそうするのである。」

朽ちない勝利者の冠。これは四番目の冠。朽ちない勝利者の冠、冕旒冠。

驚いたでしょう?
どうして王冠摂理が起きたのか理解できるか!! (はい、分かりました)
みんな2代王が狂ったと思っただろう!
朽ちない、何だ? 勝利者の冠。勝利者! 次、「自分のからだを打ちたたいて服従させるのである。」訓練! その次に、戦いながら空気を打つのでなく、"虚空を"虚空を打つのでなく、戦う事を習う!その次。身を打ちながら訓練すること。これは朽ちない何だって? 勝利者の冠の段階。

この段階で平和軍警察訓練と体を何だって? 体を?自分の体を服従させる訓練。平和軍警察訓練、まさしくそうだろう! そうなの?そうじゃない?
平和軍警察訓練、原理も知らずに訓練すればその深い意味が分からない。
義の冠で訓練することになったら、そうしたらとてつもなく深い意味を悟るようになる。
この若い人たち皆2世たちだが義の冠もないじゃないか。そう?そうじゃない? そう?そうじゃない?
朽ちない何だって? 勝利者の冠。コリント第一の手紙9章25節から27節!訓練! これは最も難しい冠だ。 だからお父様がこのような訓練をそんなにもたくさんさせたんだ。アラスカ、アマゾンジャングル…武道、麗水(ヨス)の釣り、ボート免許証...とにかくこのような訓練が何だ? 朽ちない勝利者の冠の訓練だった。私たちは聖書的に知らなかった。この冠が全部何を準備する? 神様の王権に仕える何?氏族王と王妃。え!分かるか? (はい)次!


最後の冠。最後Crown of rejoicingマタイによる福音書28章19から20節、さあ!

あれごめんごめんごめんもうちょっともうちょっと後。OKストップ。テサロニケ。あれれ、そのまま、もう少し後に行って。

OKストップ、テサロニケ人への第一の手紙 2:19

テサロニケ人への第一の手紙 2章
19 実際、わたしたちの主イエスの来臨にあたって、わたしたちの望みと喜びと誇の冠となるべき者は、あなたがたを外にして、だれがあるだろうか。

ストップ!私たちの望み、喜び、誇りの冠(冕旒冠)。誇りの冠が出てきます。喜びの喜びの冠。誇り。私たちの誇りは何ですか。私たちの誇りは、キリストです。 キリスト! 喜び。我が喜びは何ですか。 キリストです。 キリスト! 私たちの能力じゃない。私たちの誇りは、キリストです。 私たちの能力は、キリストです。 我が喜びはキリストです。 私たちの望みはキリストです。 そうですね。そうじゃないですか?

テサロニケ第一の手紙2章19節さあ! 私たちの望み!喜び!誇りの冠が何だ。わあ聖書の御言葉にも、最後の冠が来ます。誇りの冠(冕旒冠)、喜びの冠。次!彼が降臨される時、再び再臨される時に何だって? 「わたしたちの主イエスの来臨にあたって、あなたがたを外にして、だれがあるだろうか。」
イエス様が再臨することを喜んでいる者。

初めの段階、義の冠が何でしたか。イエスキリストと応答して受け容れ、また、再臨主を望み!大きな円のように最後の冠(冕旒冠)も喜びの冠は再臨主を望む喜び。

そんな言葉があるでしょう?初めと終わりが同じでなければならない。でしょ?冠(冕旒冠)の道は初めと終わりが同じなのです。同じです。中心は、キリストです。 更に特別に言えば、再臨のキリストです。 再臨のキリスト!

この内容を通して、私たちは伝道するんじゃない。 私たちは人を愛して応援するんです。 神様が聖霊の役事でその人の告白の条件として、人を変化させる。神様が人を救援するのであって、私たちは救いを願う人たちです。 そうですね。そうじゃないですか? 私たちは他の人たちが救われるのを願う人たちだ。アーメン!アーメンノーメン?アーメン!アーメンは何? 合っています という意味でしょ?

そのような内容として、人が祝福を受ける前にもこの五段階の冠の道路を歩くようになったら、私たちはそばで応援して祈ってあげて、愛してあげて、支持できる、そんな兄弟姉妹たちになることができる。新しい食口の主人になる必要がない。この文化は私がこの人の主人だ。私が信仰の父、信仰の母だから、私はこの人を所有する。この人が私の奴隷だ。 こうなってしまう! 神様が主人です。そう?そうじゃないですか? 私たちはやたら人を所有しようとするから、人が逃げ出すのだ。

私たちは人を応援すればいいのです。私たちは人のために祈ればいいのです。 神様の驚くべき役事が見たいと願わなきゃいけない!!神様の驚くべき愛の聖霊の役事がこの人を救いの道に導くことを見たがる人にならねばいけない!それは私たちの仕事です。
この人をやたら教育し、この人を何とか私のものにして…必要ない!

私たちは特にクリスチャンの兄弟姉妹がイエス・キリストを愛して再臨主を願うこと、大きな義の冠の段階、一番驚くべき段階、驚くべき段階!
全世界のクリスチャンたちが義の冠の段階さえ踏めば、再臨主と会える数千万人の群れができます。アジュー!(アジュー)(拍手)

とこでそれが全部望みから始まる。望み!皆さんも驚くべき神様が下さった貴重な夫と妻に会った時、それが望みから始まる。望み!望み!
イギョンが茂、そのハンサムな奴に会ってイギョンがきれいになった?綺麗になってない?(きれいです)え!「美しくなりました」
それは全て望みからだ望み。大きな夢を成し遂げる前に、大旅行に行く前に全て望みから始まる。大きな挑戦をしようとするとき望みから始まる。そうじゃない?

それと同様に、私たちの永生と再臨主に会えるか会えないか、それが全部望みから始まる。望み!何を学んだという事でない。望みから始まる望み。それは心情世界から起きている内容だ。心情世界。

義の冠の段階は再臨ああ、イエスキリストを応答、何? 受け容れ(迎接)、イエスの現れを思慕致します。それだけ言えばその希望の種が入ることによって、誰も分からない。誰も知らない、神様がどのようにその人がその人を変化させるのか、お前ら皆分からない!

私たちは人を伝道する事、私たちは人を教育するのではない。神様がその望みを種として下さったことによって、その種が育つのだ。私たちは、横でただ水をやればいい。 そう?そうじゃない? 私たちがその人を所有するんじゃない。その人は神様のものだ。アーメンノーメン?(アーメン)

神様がその種をその望みの種を植えて私たちはただ水をやらねばいけない!あ、よく来てくれた。 兄弟姉妹よくきた。 あ、嬉しい。 あ、あなたのために祈っている。 あなたの妻のために祈祷する。 祈っている。 何か必要あれば私に連絡して。私が祈祷してあげる。 よくやった。 ああ今日そのような聖書のリマの聖句を受けた。よくやった。原理登録した?よかった。原理教育を受けるの? わあ! おめでとうございます。これ見て。応援したらいいじゃないか。水だけあげて!、神様がすべてされる。
その驚くべき超自然的な世界で神様の驚くべき聖霊の役事を見るであろう。アジュ!

私たちが出て来ないとならない。私たちが出て神様がその小さな望みから始められることによって人の人生が、永生と人生が完全に再創造されるという驚くべき役事を見ることが何かの映画よりもっと驚くべき現実の映画を見るように、私たちはただ神様に感謝して神様を賛美しながら。人々を応援して、お互いに激励するだけで神の驚くべき役事によって救いの役事が起こる事を信じます。 (アジュ)(拍手)、ハレルヤ! (ハレルヤ!)、ハレルヤ! (ハレルヤ!)アジュ。

驚いたでしょう? (はい)遥かに明快でしょう?皆さん。神様がこの答えを下さった。
プロテスタントの牧師様を送られて、この驚くべき答えを下さいました。冠(冕旒冠)の道!氏族の王と王妃になることができる道。祝福家庭になることができる道!
しかし、最初は何だって? 応答でなく、迎接(受け入れること)!最初の迎接から義の冠(冕旒冠)を受けられる驚くべき役事!祝いの日!人が永遠な苦痛の地獄を避ける救援の祭りの日!そして再臨主の現れを希望する驚くべき日!種が植えられた日。

今からは私たちも皆さんも全てここに農業しながら種を植えて、この小さな新芽が出るのを見て、あ!私たちは何をしなければならない?水を与えるだけしたらいいじゃないか。この新芽がこの芽が、自ら勝手に出てくる。花も出て、幹も出て、木も全部出る。根もまた全て出る。神様が全部された。その新しい生命の木に出てくる実だ。 その種がどうしますか? 人の心情に植えるようになります。 そこから新しい木が起こるようになる。育つように!

私たちは間違って考えていただろう? そう?そうじゃない?
私たちは神様の座を奪おうとする傲慢な奴だ。その内容として全て悔い改めなければならない。悔い改めてこの驚くべき神様の御言葉の冠(冕旒冠)の道路を明らかにしてくださった再臨キリストの愛の中で新たな生命たちが誕生する事を見ながら神様を称賛出来る、感謝の賛美をすることができる氏族の王と王妃になるであろう!アジュー!アジュー!(拍手)

2:18:20ここまでcreanここからminion

人々が救われることがどんなに嬉しい日か、永遠の地獄暮らしを避けて神様のそばに行くことができるハレルヤの日!それを喜ぶできる人が幸福な人です。アジュ。

その驚くべき日に、新しい食口が人生に入ってきた時に、私たちが彼らを祝い、応援できる兄弟姉妹になったときに、神様の驚くべき愛と恩恵、恩寵、恩賜が、その準備されたアベル圏のキリスト教徒たちが全て再臨主を望む種として再臨主のふところに行くことのできる驚くべき役事を準備されました。アジュ、アジュ(拍手)、ハレルヤ!(ハレルヤ!)アーメン、アジュ

驚きです。私たちがあまりにもしようとした、それが問題です。
母親たちもそうでしょ?子供達のために多くのことをしようとしたらどうなる?腐った詐欺のやつらになってしまうよね。そう?そうじゃない?やりすぎたら、子供達が悪くなる。心情は良いが。そのように、私たちがとてもたくさんしようとした。だから失敗した。

私たちは、私たちの位置を知らなかった。神様がすべてのことをなさって、神様の聖霊の役事として人々が変わって、神様を告白することで、人生が変化して、監獄から解放されることになって、鉄の鎖に繋がれている人たちが解放されます。その一つの告白のために、一つの告白のために、一つの告白のために。その一つの希望の告白のために自分も知らずに再臨主を望む。再臨主を願って、再臨主に会いたい、再臨主に対して知りたい。その一つの希望のために、その一つの告白のために、その一瞬のために。

その瞬間を喜んで、その瞬間の価値を貴重に考えることができる兄弟姉妹がいるときに、私たちはすべての神様の驚くべき役事を迎えることができる勝利者、義の冠、生命の冠、栄光の冠、腐らない勝利の冠、喜びの冠、自慢の冠。新しい食口がその冠(冕旒冠)を手にすることを見ながら喜んで、水を入れて応援して、その日にその人が祝福を受け、自分のカップルを得て会って祝福され、この壇上の前で祝福された時、あなた達が神様の驚くべき役事に参加した人として、慟哭の声が、喜びの慟哭の声が出るようになる。

何故?その兄弟姉妹たちが神様の新しい息子、娘として、私たちの兄弟姉妹、私たちの息子、娘が祝福を受けたように喜ぶ日となる。
その人の生命の道、救いの道に同参する友達として、兄弟として、姉妹として、その人のために祈祷した人たちとして、神を信じて神様が見せて下さった自信を持って、その人たちのために祈祷した人たちとして、彼らが祝福されて祝福家庭になった時、宗族の王と王妃として王権即位式を挙げた時に、全ての霊界と先祖と天使たちが歌って、讃美して、踊って、私たちも彼らと一緒にした兄弟姉妹として、その勝利の日に私たちも彼らために喜び、より神様を讃美し、感謝できる、聖霊に満ちた救いの聖殿になろう!アジュ!(拍手)アジュ

それが神の王国の愛の根、根です。神様を愛して隣人を愛せよ。全ての訓練の根は、そのような愛で始まり終わるのです。義の冠と最後の喜びの冠と自慢の冠の終わり(始まりの間違い?)と最後が同じものです。そのような文化文明圏の中に、人々がイエスキリストを何だって?反省?迎接(受け入れて)、受け入れて、再臨のキリストを望む瞬間からその人のストーリー、その人の話、その人の道路と道、その人の未来と運命がすべてが変わってくるのです。

その驚くべき瞬間を祝うことができる兄弟姉妹がいた時、義の冠、生命の冠、栄光の冠、腐らない勝利者の冠、希望と喜びと自慢の冠を受けることができる人たちが誕生し、驚くほどの神様の役事に同参する証が降り注ぎ、神の王国が全世界に愛として伝播される驚くべき聖霊の役事を見ることが出来ると信じます。アジュ!(拍手)驚くべきことです。分かったか?

とんでもない、お父様がこのような驚くべき内容を下さいました。驚くべき啓示に感謝する人は両手を上げてお父様に大きな拍手を送りましょう。(拍手)
もっと大きく!小さいじゃないか!(大きな拍手)驚きです。全て聖書の一節と聖書の内容がすべて出る。どんなクリスチャンも否定できない。

誰がクリスチャンたちを最も愛するのか?再臨主の三大王権と天一国の王と王妃がクリスチャンたちを最も愛する。再臨主だけがこの王権の模範を見せることが出来る。王冠の摂理と鉄の杖の摂理。王冠と鉄の杖。この王冠を通過させながら、宗族の王と王妃になって、実体の王冠と実体の鉄の杖があります。

鉄の杖のある若い人は手を上げてみて。鉄の杖!鉄の杖のある若い人手を上げてみて!
イギョンイ、ミキ、まだなのか、早く!ミキはコウ王妃として、鉄の杖がなければならない!また!手を挙げろ!叔母さんがいるだろ。いや、君は、若い人だ。シン・スンファンは若い人だ。あいつがほんとうにいいやつだ。謙遜なやつだ。謙遜で格好いい。背がもう少し高ければ。はは。本当に善良で純粋だ。神様と聖書について何も知らなかったが、王妃の授業に入ってたくさん学んだ。早く夫人を見つけよう。え。はは。

実体の王冠と実体の鉄の杖!今週の日曜日に私たちは鉄の杖ペインティングするのか?色をつけるの?ペイントを買う時にシゲルに言わないとだめだよ!最後のクリア、透明なスプレーペンキを買わなければならない。それをしたらはがれない。スプレーするだけでは剥がれる。トップコートを二回,三回したら、剥がれない。女達がどれほどきれいに作るのか見よう。誰が面白い色をするの?誰がピンクにするの?ピンクの好きな人は誰?ユリが全部ピンクだ。君、鉄の杖ないじゃない。米国に永住権のある男をく見つけなければならない。ミキは早く買わなきゃ。今は買うことができるじゃない、早く!イウンはピンクが好き?ピンクもいい。お父様が一番好きなのはピンク色だ。お父様もピンクが好きだ。

そのような驚くべき内容が、この小さな聖殿森の中にある広野にある聖殿から全世界に出て行くのだ。
ドクター・ポール・ウィリアムからエリック・ケムプメンから、新しい鉄の杖の王国の本もニューヨークタイムズベストセラーになったら、全世界が、私たちが経験して楽しんでいる驚くべき天一国文化と内容に同参する。
それえとともに、これらの5段階の冠の驚くべき愛の道路、驚くべき恩恵、恩寵、恩賜の道路、義の冠、生命の冠、栄光の冠、勝利の冠、また、自慢の冠、喜びの冠、その内容として人々が鉄の杖だけではなく、その根本的な根、神様の御言は内的鉄の杖、外的鉄の杖はAR-15!
外的鉄の杖は外的鉄の杖を守る物、パワーです。内的鉄の杖は、神様の御言。神様の御言の根本と神様の正体性が愛です。愛。愛。

新しい人たちが来た時、彼らをお祝いして喜ぶことができる愛の文化。
死の道を行く、地獄の道を行く死んだ者が、生命を得て天国に行くことができる者として救われた時、その驚くべき祝祭をお祝いできる文化。
イエス様が現れることを願う思慕して希望するその瞬間をお祝いできる兄弟姉妹。義の冠を喜ぶことが出来る兄弟姉妹、宗族の王と王妃、この人の初めての足取りを初めての義の冠として踏むことによって、神の王国の宗族の王と王妃になることができる道を歩いている人を見ながら喜ぶことが出来、応援することができ、「良かった。祈ってくれる。お祈りしている。」と、祈祷してあげて、迫害と試練が来た時、その内容を超えることができるパワーを得て、隣にいる兄弟姉妹たちが彼らを応援して祈ってあげて、その試練を超えることが出来る生命の冠(冕旒冠)を受けることができる同参者たち。あなた達が新しい食口の救いの道に同参する永遠な友達になる。

そのような内容をもって、最初の日からこの人が勇気を持って主に答えて再臨主を望む瞬間を祝うことによってすべてが変わってきます。神様の驚くべき聖霊の役事がこの地に火のように注ぐであろう!アジュ!(拍手)

驚きでしょ?良い神様です。アーメン?ノーメン?(アーメン、アジュ)良い神様です。

(韓国語賛美歌を歌われる。)「良い神様、恵み深い慈悲を永遠に!良い神様、恵み深い慈悲を永遠に♪」また「あらゆる国民、部族、民族、方言♪」方言が出てくるね、方言。
「すべての世界が永遠に主に敬拝、主に敬拝、ハレルヤ、ハレルヤ、主に敬拝し!主、神様、主に敬拝、ハレルヤ、ハレルヤ!主に敬拝!主神様、主に敬拝、ハレルヤ、ハレルヤ!主に敬拝!主、神様、良い神様、恵み深い慈悲を永遠に!良い神様、恵み深い慈悲を永遠に、あらゆる国民、部族、民族、方言、世の中の全ての世界に永遠に主に敬拝するハレルヤ、ハレルヤ、主神様、主に敬拝、主神様、主神様ウウウ~♪you are good! good」

驚くような内容ですね。良い神様です。アーメン?ノーメン?(アーメン!)静かだねどうして。元気を見えない、韓国人たち。

さぁ賛美する方たちは出てお父様に大きい感謝の栄光を捧げ、我々はそうした愛と聖霊の役事をがあふれる聖殿となることができるように父なる神様、役事してくださいませ。ハレルヤ!ハレルヤ!アジュ!

2:45:06ここまでminion
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

ニコラス morison

Author:ニコラス morison
 韓国は北朝鮮と 中国に吸収されていくでしょう。
どうして 怨み深く社会主義化してしまったのでしょう。
 なぜ?イスラエルの様に亡ぶのでしょう?
 考えたことがありますか?