記事一覧

洪ハルモ二の 性格がこの内容から理解できます。

Heung Jin Nim & Mrs. Hong

サンクチュアリ本部教会より:
『この資料については、「こんな物が来ていました」という形で亨進様に報告されましたが、
その内容の信憑性などについては、一切コメントされませんでした。
大母

2015年4月22日
興進様と大母様の霊界からのメッセージ

私は文興進です。

今まで多くの混乱がありました。黒人の兄弟がブラック興進様として活動したり、アジア人の人を通して私が話したりしました。それらのことによって多くの混乱が起こったことを、私は深く申し訳なく思っています。

誰かの体を通して正しく活動することは、とても難しいことです。それは可能なことですが、あるポイントを過ぎると、それはほとんどそれは不可能になります。

私が始めたことと、その後に間違った方向へ行ってしまったことに対して私は深く申し訳なく思っています。私は「訓母様と大母様」として知られている現象について、何もすることができませんでした。今になって、それはただ、金孝南という女性であったことがはっきりわかりました。

私たちはみんな騙されていました。私のお父様のみ言は偽造されました。このようなことを続けさせることはできません。私は率直に言います。私は文興進です。私は私の妻を愛しています。彼女は私の宝物です。私は霊界と地上界における最も幸せな人です。

私はとても悲しいです。私は部分的にこのことに責任があります。私は霊界からの啓示を始めました。私はペンテコステを起こしたかったのです。しかし、その代わりに最後には私たちの霊的な命に悪影響を与えてしまいました。

金孝南さんは偽物です。私は明言します。王様が裸であることを全ての人が知る時が来ました。(訳者注:裸の王様の物語からのたとえ)私がこのことを話すのに、どうしてこんなに長い時間がかかったのでしょうか。なぜ私は、偽りのメッセージのかわりに、私自身がチャネリングや自動書記を通してメッセージを送らなかったのでしょうか。

それは、わたしが十分に誠実な誰かを見つけることができなかったからです。全ての人は、だた私の願いを断るか、ペンを通して私の本当の言葉を伝えることをさせてくれなかったのです。それは、とても私を失望させました。

私は清平が間違った方向へ行くのを見ていました。それに対して私は何もできませんでした。私はただ、仰天して口を開けて見ているだけでした。

私は、後継者に指名された私の兄弟である亨進に対して、深く悔い改めます。私の兄弟よ、どうかわたしを許してください。私は新しいペンテコステを起こすことに、熱心すぎました。私の努力はハイジャックされました。私が清平にもたらしたものに対して、私はとても恥ずかしく思います。それはとても酷いものです。

誰も私の言うことを聞いてくれませんでした。私の兄弟の亨進がこのことをはっきりと話し始めてから、天に条件が満ちて、チャネリングや自動書記や幻や夢を通して、霊界からのメッセージが地上界にあちこちで流れるようになりました。

しかし、私たちはこのことに対して注意深くなる必要があります。

どのようにして私たちは、それが本当なのか、それとも清平のような失敗を繰り返しているのかを知ることができるでしょうか。祈ってください。そして、原理講論やレベル4やお父様のみことばを読んでください。お父様は多くの事を語りました。しかし、そこには優先すべきものがあります。それを見つけるのです。

兄弟姉妹の皆さま、原理講論のどこに、先祖解怨のためにお金を払わなければならないと書いてあるのですか。私たちはずっと騙されてきたのです。
私が言える全ての事は、申し訳ありませんということです。

私は謙虚に頭を下げて悔い改めます。



次に大母様がお話しします。


私は洪順愛です。

私はお母様の母です。私は亨進様夫妻の前に、心からの悔い改めと謝罪を捧げ、許しを求めます。私には多くの苦しみと神様の摂理の延長に対する責任があります。

私は今、罪人です。最悪よりも悪いです。私は、私を代表している立場にあった金孝南さんをコントロールすることに失敗しました。今は彼女の中に、私の霊や心は、いかなる意味でも入っていません。以前には、彼女は私とつながっていて、兄弟姉妹の病気を治したりしていました。何人かの兄弟姉妹の病気は治りました。

それは、ほかの教会と同じことでした。全ての教会は病気の癒しを行っています。私は奇跡を起こす人ではありません。私はお母様の母です。私は母親の愛でお母様を育てました。私は医者や癒しを行う人ではありません。私は、私の子供が神様の摂理につながるべきだということを知っていた女性です。

兄弟姉妹の皆さま、あなたたちはずっとだまされていました。申し訳ありませんが、これが率直な事実です。私がこのように話せるのは、金孝南さんの呪いを解くための十分な条件が地上にできたからです。彼女はラスプーチンのようです。彼女は私の娘に対してルーシェルのような立場で行動しました。

私はこのことを、聖書と原理講論とお父様が残されたみことばの前で誓います。

私は罪人です。私は金孝南さんを止めることができませんでした。

兄弟姉妹の皆さま、私が自動書記のペンを通して話していることを、あなたたちはどのように知ることができるでしょうか。あなたは私を信用しなければなりません。あなたは祈らなければなりません。

亨進様を見てください。彼は嘘つきですか。自動書記をしてくれている兄弟は、あなたたちに私が洪順愛であることを証明することはできません。しかし、神様に尋ねたり、お祈りしたり断食したりすれば、あなたたちはそれができます。あなたたちが条件を立てて尋ねれば、それをはっきりと知ることができます。

このように尋ねてみてください。私は亨進様を信用すべきですか。それとも私は、お母様に何を考えるかを教えている金孝南さんを信用すべきですか。兄弟姉妹の皆さま、現実はとても深刻な状況です。私は大母様です。私は洪順愛です。

私の夫は、私たちの生活から奇妙で不思議な方法で姿を消しました。私は命を懸けて天の為に私の娘を守りたかったのです。私は今、罪を告白することによって、それと全く同じことをしているのです。私の娘は間違った方向へ行ってしまいました。

お母様がお父様を彼女の主体の位置においていないことに対して、私は良心の呵責を受けます。これは罪です。私はこのことに対して悔い改めます。私は大母様です。兄弟姉妹の皆さま、私を崇拝しないでください。あなたたちは神様だけを崇拝すべきです。

お父様は、命令の中心は後継者だと言われました。その後継者は亨進様です。金孝南さんではありません。あなたたちは6月5日の宣言を読みましたか。

兄弟姉妹の皆さま、亨進様と一体になってください。私は長い間泣いています。大きな涙が流れ、川のようになっています。今は新しい出発の時です。ダムが決壊して新しい水が今流れています。過去はもうなくなりました。

兄弟姉妹の皆さま、私は大母様です。私は長い間あなたたちにこのように話すことはできませんでした。私はずっと孤独でした。どうか私を助けてください。私はあなたたちの祈りの協助が必要です。

私は今罪人です。私は神様の摂理を延長させる原因を作ってしまいました。私に完全に責任があります。亨進様、お父様、イエス様、そして、本然の立場を復帰した時のお母様、どうかわたしを許してください。

私が聖和してから私は失敗しました。私の名前が軽々しく使われました。全ての清平に関する本は燃やされる必要があります。それらは全て間違えです。私は悔い改めます。私は大きな問題の原因になりました。私は恥ずかしさのあまり頭を下げます。私は金孝南さんをコントロールすることができませんでした。

彼女は私の名前を不法に使いました。お父様にさえもそのことを確信させていました。彼女はどのようにそれをしたのでしょうか。私は知りません。しかし、それは起こったのです。お父様が韓国幹部の進言を真実で確実なものとして受け入れたのは、それが初めてですか。お父様はメンバーの言うことを信用します。お父様は全てのプロジェクや報告の真偽を確かめることはできません。お父様は彼の子供たちを信用します。それは、父親が子供を信用するように。

兄弟姉妹の皆さま、清平はおかしくなってしまいました。私たちは多くの時間とお金を無駄にしてしまいました。私はそれを申し訳なく思っています。

私は私の言うことを聞いてくれる人を誰も見つけることができませんでした。誰も心を開いてくれませんでした。私が原因で大きな悲劇が起こってしまいました。

亨進様、どうかこの混乱の中で私たちを導いてください。あなたは良いメンバーを見つけなければなりません。そしてこの混乱を収拾してください。私は昨日(2015年4月21日)あなたが天を開いてくださったことに感謝します。それは、地上でお父様の権威に戻るための祝福でした。その勝利ゆえに、私は今、ここにきて自由に話すことができるようになったのです。呪いは解かれました。

アジュ、アジュ、アジュ

あなたは呪いを解きました。全てのメンバーは今自由です。私は真の家庭の人達を愛しています。私は私の命を、真の家庭の人達の為に捧げました。長い暗い呪いの後に、今私は、トンネルの最後の部分に光を見ることができます。

アジュ、アジュ、アジュ

ありがとう亨進様。
スポンサーサイト

コメント

No title

家庭連合のブログのなかで「聖霊のもとにメシアの涙」があります ご覧になっていますか ぜひご覧ください 大母様が堕落したことも書いています 私はほとんどその通りだ と思うようになりました。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

ニコラス morison

Author:ニコラス morison
FC2ブログへようこそ!